ナタデココでダイエット!しつこい便秘を解消

ナタデココという食品は、本来はフィリピンで食べられていたもので、一時期日本でもブームを引き起こすことになりました。

ナタデココはその独特の触感で人気になりましたが、実はこれをダイエットにも活用することができるということを知っていたでしょうか。そんなナタデココの持つ特徴や力をここではご紹介したいと思います。
【合わせて読みたい!】ノンカロリー寒天をダイエットに活用

まず、ナタデココという食品自体はどのようにして作り出されているのでしょうか。スーパーなどで購入できるナタデココは、もうすでによく知られたあの形状になっているので、そもそもどうやってできているのか知らないという人もいるかもしれません。

まずナタデココとは、ココナッツの皮の中にある果肉と、ココナッツウォーターを主な原料としてつくられています。ココナッツウォーターは、セレブの人もよく使っているダイエット飲料なので、知っている人も多いかもしれません。

果肉とココナッツウォーターに、水と砂糖と酢酸菌を混ぜて発酵することで、ナタデココが出来上がることになります。

ナタデココという言葉を見てみると、ナタが浮いた皮、ココがココナッツを意味していて、これを合わせてナタデココという言葉ができています。

この作り方によって、実はダイエット効果も同時に高まっていて、ダイエットに効果がある栄養素が含まれることになります。ナタデココを作るときに使われる酢酸菌による発酵は、微生物セルロースという食物繊維を生み出すことになります。

この食物繊維こそが、ナタデココの持っている独特の触感の正体なのです。微生物セルロースというものは、普通の野菜や果物に含まれているものに比べると細かく、血中のコレステロールを減らしてくれる効果も持っています。

これを多く摂取することで、腸の活動も活発になり、ダイエット効果も美容への効果も期待できるようになるのです。もちろんカロリーは低めになっていますが、砂糖が含まれているので食べ過ぎには注意が必要です。